2014.10.19 (Sun)

Yosemiteにアップデートしたらdビデオが見れない!そんなときの解決方法

Yosemiteにアップデートしたらdビデオが見れない!そんなときの解決方法

今週はGoogle、Appleと、続いて新作ガジェットの発表がありましたね!
僕的には新作のNexusシリーズが気になるところですが、でも一番楽しみにしていたのはMacのOS Xがバージョンアップし、10.10 Yosemiteがリリースされるということでした。

さっそく先日Yosemiteにアップデートしてみたのですが、フラットデザインとなったアイコン、通知センターのウィジェット、iOSとの連携機能など、良い感じにパワーアップしていてなかなか気に入っています。

しかし、今日dビデオで動画を見ようとしたところ、こんな感じで非対応デバイスの表示が出てきてしまいました。

dビデオ非対応表示画面

Safari以外のブラウザでも試してみましたが、結果は同じでしたのでブラウザが原因というわけでもなさそうです。
一応OS X 10.8以上、Safari 6.03以上と書かれているのですが、おそらくYosemiteにはまだ対応されてないようですね…。

うーん、寄生獣の2話見たいのにこれは困ったぞ…
と、思っていたのですが、これを簡単に解決できる方法を発見しましたので紹介します。


それには、Safariの開発者ツールを使う必要があります。

Safariの開発者ツール

開発ツールはSafariの標準機能なのですが、デフォルトの状態では表示されていません。
「環境設定」→「詳細」で「メニューバーに開発メニューを表示」にチェックを入れることでメニューバーに表示させることができます。

ユーザーエージェントでIEなどを選択

次にdビデオの画面で「開発」→「ユーザーエージェント」でInternet Explorer 10とか9とかを選びます。すると…

dビデオのホーム画面が表示されました!

表示されましたー!

ブラウザが「ボクIEだよ?Windowsだよ?」と嘘をついて、dビデオが「よし、通れ」と騙されているわけですな。

動画を視聴しようと別ウィンドウで再生画面が開くと同じように非対応表示が出てきてしまいますが、もう一度そのウィンドウでもユーザーエージェントを変えることで特に問題なく再生することが可能でした。

寄生獣のアニメ版、原作とキャラデザが大分違うので賛否両論なのですが、僕はけっこう好きです。


まぁOSがアップデートしたばかりの頃は様々な問題が起こるのはしょうがないですね…

ちょっと煩わしい方法ですが、とりあえずdビデオ側が対応してくれるまではこの方法で乗り切るしかないですかね。
dビデオが見れなくて困っているMacユーザーの方はこの方法を試してみてください。

dビデオ自体はとても良いサービスなのでオススメですぞ。
詳しくは過去記事を読んでくださいね。

※10/21追記
Yosemite対応されたようです!

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

Author:トム
Author :
トム

このブログでは便利な生活グッズや家電、iPhoneアプリなどを中心に、僕のおすすめアイテムを紹介していきます。良いところはもちろん、イマイチな点も含めてレビューしていこうと思うので、購入前の判断材料なんかになれば幸いです。

Tag Cloud

Categories

Archives

Recent Posts

Popular Posts