2014.5.17 (Sat)

Clementine Music Playerの使い方!CloudBeatsみたいにPCでクラウド音楽再生ができるぞ

Clementine Music Playerの使い方!CloudBeatsみたいにPCでクラウド音楽再生ができるぞ

どうも、ただクラウドって言いたいだけな僕です。

僕は現在Windows PCとMacの2台を使っているのですが、音楽ファイルは主にWindowsの方で保管しているんです。

しかし現状Macで作業しているときに音楽を流したい場合、いちいちWindowsの方も立ち上げて再生しなくてはならないのが煩わしい。

かと言ってファイルを移すのにも手間がかかるし、両方に同じファイル置くのもどうなの?と思う。

そこで、以前『CloudBeats』というiPhoneのクラウド音楽再生アプリをご紹介したことがあるのですが、そのCloudBeatsと同じようにPCで使えるクラウドプレイヤーはないだろうか?と思って探してみることに。

その結果、見つけたのがこの『Clementine Music Player』

今回はClementine Music Playerでのクラウド音楽再生の方法をご紹介します。

使い方

まずはともあれ公式ページからソフトをダウンロードし、インストールします。無料です。

clementine_01

Win版・Mac版どちらもあります。

普通の音楽プレイヤーと同様にローカルに保存されてるファイルも再生できますが、今回はオンラインストレージに保存してある音楽を再生します。

起動後、サイドメニューから「インターネット」を選択します。

clementine_02

DropboxやGoogle Driveなどのストレージだけではなく、Last.fmやポッドキャストの再生にも対応しているようです。

今回は僕がCloudBeatsでも利用しているBoxを利用してみます。

Box for iPhone and iPad App
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料

「box」をクリックするとブラウザが開き、アカウントへのログイン画面が表示されるので、ログインしてclementineのアクセスを許可します。

clementine_03

すると数分で読み込みの後、音楽ファイルのアーティスト名が表示されました。

特にフォルダを指定したわけでもないので、ストレージ内の音楽ファイルを自動判別して読み込んでくれるのだと思います。

clementine_04

さっそく再生してみる

右クリックやドラッグアンドドロップなどで、聴きたい音楽をプレイリストに追加します。

clementine_05

プレイリストに追加できたら、あとは曲名をクリックして再生するだけ。

聴いてみた感じ、音質も問題がなく、読み込みもとてもスムーズです。

iPhoneのCloudBeatsでは曲をスキップした時などに若干読み込みに時間がかかってしまうところがイマイチでしたが、こちらはデスクトップだけあって回線速度が違います。

再生していた曲がフェードアウトすると、すぐに別の曲が再生してくれました。

クラウド再生でもまったくストレスを感じません。良い感じです!

clementine_06

イコライザーもありました!

しかしなぜかOneDriveが使えない…

一応OneDriveも対応しているみたいなんですが、アクセス許可してみても何故か反映されませんでした。

ググってみても特に対応策も見つからず、現状OneDriveの利用は諦めるしかないようです…残念。

Google Driveでも試してみましたが、こちらは問題なく読み込むことができました。

まとめ

PCを複数使ってる人でもない限りは普通のプレイヤーでも十分かもしれませんが、僕みたいな人にとってはとても便利なプレイヤーだと思います。

またCloudBeatsを使っている人はDropboxやBoxなど同じストレージサービスを利用することができるのでオススメですよ。

以上、Clementine Music Playerのご紹介でした。

[スポンサードリンク]

[スポンサードリンク]

Author:トム
Author :
トム

このブログでは便利な生活グッズや家電、iPhoneアプリなどを中心に、僕のおすすめアイテムを紹介していきます。良いところはもちろん、イマイチな点も含めてレビューしていこうと思うので、購入前の判断材料なんかになれば幸いです。

Tag Cloud

Categories

Archives

Recent Posts

Popular Posts